それでは逆にタイムマネジメントが上手な医師の特徴とはなんなのでしょうか。

タイムマネジメントが上手な医師の特徴とは

それは、これから起こるであろう問題や出来事を常に先読みして対処しているという事が時間の使い方の上手い医師に共通しています。

優秀な医師の例として、患者入院の際にアドミッションノート作成と同時に退院サマリーも書いていたりします。

つまり診断の時点で患者の治療方法や経過予測までを先読みして考えているということです。

経験も必要になってくるためになかなか難しいことではありますが、常日頃からこのような先を読む習慣をつけておくことで患者のケアに対して先手を打てるというわけです。

そして時間をうまく使うためには「今できない事は何なのか」これを意識することが重要です。


タイムマネジメント力を日々意識するようにする

今できない事を正確に把握できていれば、その他の事はどんどん先に進めていけます。

後になってバタバタすることがなくなるので作業効率はグンと上がるでしょう。

他には事前準備を怠らないという事も気をつけておきたいポイントの一つです。

行き当たりばったりの仕事内容では無駄なタイムロスを招いてしまう事は前述した通り。

タイムマネジメントの上手な医師は何事にも事前準備を欠かしません。

「タイムマネジメント力の高い医師は臨床力も高い」と言われています。

キャリアアップを目指している医師の先生方は是非タイムマネジメント力「先を読んで対処する力」を日々意識して行うよう心がけておくと良いでしょう。